あなたが公認会計士試験合格を目指す際にかかるであろう費用について考えてみましょう

公認会計士になるためには、まず、知識を付ける場が必要ですよね。通常、大学か専門学校で学ぶことが多いですが、気になるのがかかる費用です。資格取得までにはどれくらいの費用が掛かるのか紹介していきたいと思います。

■学校によってかかる費用は異なります
大学の経済各部や商学部に入って学ぶ人、会計大学院で学ぶ人、民間の専門学校やスクールで学ぶ人、通信講座で学ぶ人など様々ですから、当然、どの学び方を選ぶかによってかかる費用は異なります。大学の経済学部や商学部で学ぶ場合は、一番コストがかかり、入学金と四年間の授業料をトータルして私立大学の場合約430万円かかります。

国立だと230万円くらいに減りますから、大学で学びたいけれどコストを下げたいという人は国立大学を目指すのがおすすめです。会計大学院は2年間になりますが私立約300万、国立約150万くらいです。知識を付けるだけでも結構お金がかかるイメージですよね。

でも、大学なら、公認会計士以外の知識kも身に着けることができるので、途中ですすむべき道を変更することもできるというメリットがあります。専門学校や通信講座の場合は、大学に比べると安くなります。入学金や授業料、教材費を合わせると60万~200万くらいかかるイメージです。

地方の方が授業料が安いという特徴もあります。独学で学べば教材費くらいしかかかりませんが、独学だけで国家試験に合格するのはあまり現実的ではありません。

■資格取得のためにはお金がかかるということを覚えておきましょう
公認会計士の資格取得のためには、お金がたくさんかかるということを覚えておきましょう。試験を受けるためにも受験料として2万円弱がかかり、終了考査は3万弱かかるので、受験料もかかることをお忘れなく。

One Response to “あなたが公認会計士試験合格を目指す際にかかるであろう費用について考えてみましょう”

  1. Mr WordPress より:

    これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

    このページの先頭へ