公認会計士になる人の年齢は何歳くらないなのかをちょっと調べてみました

公認会計士は弁護士、医師と並んで難しい国家試験に合格した人しかなることができない職業ということで、資格取得さえできれば、将来を約束されたようなものです。世の中にはたくさんの資格が存在しますが、一度社会に出てから、資格を取るために勉強を始めるという人も多いですよね。

職種にもよりますが、中年世代の多くが挑戦し、取得する資格もたくさんあります。公認会計士はどのような年齢の人が多く、なる職業なのかを紹介します。

■20~30代の若い世代が大変を占めている
公認会計士の国家試験は年齢制限がないので、若い人だけでなく幅広い年齢の人が試験を受けることができます。受験者には18歳の人もいれば60歳前後の人もいるという世界です。でもその中でも大半を占めているのが20代~30代の若い世代です。

資格取得には難しい国家試験に合格しなければならないので、社会人が仕事をしながら勉強をするというのはなかなか難しいんですよね。ですから、高校を卒業後に、公認会計士を目指して勉強を始める人が合格者のほとんどです。若手の社会人で、まだ仕事が忙しくなっていないうちに勉強をして、転職を狙って受験する場合も中にはあるようです。

よく、会計士と似ている仕事として税理士の仕事や資格が取り上げられますが、税理士は仕事をしながら資格を目指す人が多く、受験者には中年が多いというのも特徴です。公認会計士は試験が難しく、準備期間に余裕がなければならないという点で受験者に若い人が多いのかもしれませんね。

■国家試験受験は早ければ早いほど有利
公認会計士の資格は、国家試験に合格した後にも、2年以上の実務経験を必要とします。最後の修了考査を受けて初めて資格取得となりますから、短くても3年はかかります。3年で取得できる人は少なく、5年くらいかかる人が多いようです。それを考えると、一次試験合格は早ければ早いほど有利だといえますよね。

■公認会計士を目指すなら若いうちに!
公認会計士を目指すなら若いうちから準備を始めましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

    このページの先頭へ