公認会計士の仕事が向いている人はどういった人なのかもきちんと把握しておきましょう!

公認会計士の仕事は収入も社会的地位も高く、なれるならなりたいと思う人も多いかもしれませんが、やっぱり向き不向きがあります。どんな人におすすめの職業なのでしょうか。

■計算や数字が好きな人
毎日数字に囲まれて生活することになりますから、それが苦にならないということは大前提にあります。計算や数字に強い人にはぴったりの職業だといえるでしょう。数学の中でも特に計算が好きで決算期の忙しさにも耐えうる忍耐強さを持っていることも大切です。

たくさんの書類をもとに、ひとつひとつ正確にチェックできる丁寧さと細かさも追及されるので、おおざっぱな人よりも繊細に物事に取り組める人に向いています。

■正義感を強く持っている人
公認会計士は、監査をするのが主な仕事です。自分が指摘しなかったら、企業が平和にやっていけるということもあり、つい甘い顔をしてしまいそうな気もしますよね。でもそれでは業務をしっかりと遂行することはできません。会社の信用はもちろん、公認会計士の信用問題にもなりますから、どんなに小さな不正でも見逃さずに指摘できるような正義感を強く持っている人が、この仕事に適正だといえます。

■経済に関心を持っている人
監査の仕事では、監査する企業の経営状況や、日本の経済の縮図を実感することができます。日ごろから経済に関心を持っている人なら、そこに深く携われるということでやりがいをもって仕事をすることができますよね。

■適正チェックをしてみて当てはまっていたら、目指してみてはいかがでしょうか
どんな仕事にも向き、不向きはありますから、まずは適正チェックをしてみて、当てはまっているかどうか確かめてみてくださいね。自分に向いていそうだと思えたら、ぜひ目指してみてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

    このページの先頭へ